とくしまワンデーランの紹介

未分類

ぼくたちの街、とくしまを走ってほしい。みんなに見てもらいたいところ、走ってもらいたいところをつないで100kmのコースを作りました。それがとくしまワンデーラン。

ちょっとコースを紹介しようか。(^^)スタートしてすぐに吉野川に出る。小学校の時に日本で一番長い川は信濃川とか関東は利根川とか習ったやろ。四国は吉野川、その吉野川よ。河口が海かと思うくらい広くてビビるで。そのあといちばん河口にかかる阿波しらさぎ大橋を渡る。ここを渡っているときにちょうど吉野川の河口から朝日が上るはず。めっちゃきれいやから写真撮影ポイントにええよ。みんなでわいわいおしゃべりしながら走るのはたのしいけど、寄り道やゆっくりジョグをしすぎるとコースほぼ10km地点にある開閉橋「加賀須野橋」にひっかかってタイムロスするで。まぁそれもたのしいんやけど。

国道をしばらく北上し20kmあたりでいよいよ鳴門へ。小鳴門大橋からみる朝の鳴門の海はすがすがしい気分。瀬戸内海国立公園の海のすぐ近くの道を走り大塚美術館の横を通って最初の難関鳴門スカイラインに向かうよ。めちゃ絶景の続く道やけどなかなかタフな上り坂よ。みんな上り坂大好きやろw鳴門スカイラインを抜けたら今度はとくしまで毎年12月に開催されている「ジングルベルマラソン」のコースを抜けて大谷という町に行くよ。焼き物で有名な街や。ここからほど近いところに四国霊場八十八ヶ所巡りの起点になる一番札所霊山寺がある。そこもちょこっと寄っとこか。

ここからしばらくはちょっと車の通りも多い道よ。コンビニはところどころあるから補給は心配いらんよ。けどこのあたりからは毎年灼熱地獄や。今の時期でもへたすりゃ日中の最高気温は30度を超えるからね。体力的にムリやと思ったら全部廻らんでもええよ。自走イベントやからどこでDNFしてもええんやで。でもちゃんとリタイア報告はしてな。

正規の100kmルートで行くと鴨島って町まで行って70kmぐらいで高瀬橋って橋を渡る。この橋は潜水橋っていうんよ。四万十川で河川が増水したときに川の水の中に沈下してしまう橋を沈下橋っていうやろ。とくしまではあれを潜水橋っていうんよな。高瀬橋は吉野川にかかる潜水橋のなかでは最長の橋。橋の上から見る吉野川の景色がめちゃきれいやからぜひここでほっこりしてな。高瀬橋を渡ると吉野川の中流域、南岸を走る。このあたりはとくしまマラソンのコースにもなっているところなんよな。途中で吉野川の第十堰っていう昔ながらの固定堰がある。ここものんびりした雰囲気で気持ちええよ。

吉野川に別れを告げて徳島市内に戻ってきたらいよいよ眉山や。だいたい82kmくらいかな。この眉山ではウルトラソウルが毎週金曜日にドラクエ練習会で上っているコースの一部を走る。けっこう手強いで。あとこの山はさだまさし原作、松嶋菜々子主演で上映された映画「眉山」でも出てきたところやね。でも映画観て「眉山あんまり関係ないやん」って思ったのはナイショの話や。いい映画やったで、松嶋菜々子きれいやったし(^^)  山頂展望台までいくのがるーとになっとるからちゃんと上まで登ってな。

展望台まで行くと徳島市内が一望できる。おそらくもう夕方になっているはずや。めちゃきれいな景色が見られると思う。眉山を下って街に戻ってくると眉山阿波踊り会館の前を通って市の中心部、水際公園を走る。そろそろ夕刻。ほんとはこの時期のとくしま、夜の帳が下りる頃になると阿波踊りの練習がはじまって、街のいたるところで阿波踊りの「ぞめき」のリズムが流れてくるはず。これが風情があってええんよ。でも今はコロナの影響もあって練習風景は見られんのがちょっと残念やね。みんなに見てもらいたかったわ。

ゴールまではもうすぐ。ここからライトアップされた水際公園を抜けて県庁前のヨットハーバーケンチョピアの横を抜ければゴールはもうちょいよ。これぜーんぶ走って100kmになる。これがワンデーランのコースや。どうや、たのしそうやろ(^^)

コース上のおもな見どころ・名所をあらためてピックアップしてみると…

  • しらさぎ大橋(吉野川)
  • 鳴門ウチノ海総合公園
  • ウチノ海(鳴門瀬戸内国立公園)
  • 大塚美術館
  • 渦の道
    ※今年はスルー
  • 鳴門スカイライン
  • 櫛木-大谷
    ※ジングルベルマラソンコース
  • 霊山寺
  • ドイツ館
  • 極楽寺
  • 高瀬橋
  • 第十堰
  • 六条-名田橋
    ※とくしまマラソン復路コース
  • 眉山
  • 阿波踊り会館
  • 新町川公園
    ※夕刻通過なので阿波おどり練習が見られるかも
  • ケンチョピア

な、見どころたっぷりやろ。ほんとはゆっくりと観光しながらまわってもらいたいんやけどな。でもことしのワンデーランは100kmウルトラマラソン形式やから制限時間は14時間。ゆっくりしてると時間足りなくなってしまうんよな。だからワンデーランでいいところを探しつつ駆け足で巡って、また日を改めてもういっかいとくしまに遊びに来てな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました